茨城県のハス田の防鳥網について署名のお願い

 茨城県ではレンコンの産地として知られていますが、近年食害防止を目的とした防鳥網の使用が増えています。この結果、防鳥網に掛かり死亡する野鳥が、収穫期の3ヶ月間だけで1,000羽から1,500羽になっています。

”日本野鳥の会茨城県”では 「野鳥と共存するハス田となることを強く要望します」 との署名簿を県議会議長あての請願書に添え、3月の定例県議会に提出する予定です。

 当会でも12月の役員会で、この署名活動に協力することを決議いたしました。つきましては、ご賛同いただける皆様のご協力をお願いいたします。

 本件に対する趣意書及び専用の署名用紙は”日本野鳥の会茨城県”のホームページからダウンロードできます。こちらへご署名の上、同会へ郵送もしくはFAXにて、2019年2月末までにお送りください。詳細は こちら からご確認ください。

[一枚のハス田に7羽の水鳥が掛かってしまった例]・・・・ 当会会員撮影


 期間中、当会主催の探鳥会でも、出来る範囲とはなりますが、署名のご案内をさせていただく予定としております。ご不明点等あれば、各探鳥会のリーダーまでお問合せください。

 日本野鳥の会 埼玉

Top

「日本野鳥の会 埼玉」事務局
  住所 〒330-0064 さいたま市浦和区岸町4-26-8 プリムローズ岸町107  地図はこちらから
  電話 048-832-4062 事務局ボランティア不在時は、留守番電話対応になります。
  事務局へのメールは までお願いします。
(注) このサイトの全データは、無断転載、無断コピー厳禁です。
Since:1998.3.18 Copyright(C)2012 WILD BIRD SOCIETY OF JAPAN・SAITAMA